マレーシア向け適合検査(スクラップ)

2021年2月27日、マレーシア産業貿易省(MITI)により古紙・金属スクラップ輸入及び検査ガイドラインが発表された件に関して、2021年9月1日より施行となる情報を入手いたしました。

  1. マレーシア工業標準所(SIRIM)で輸入者登録(SIRIM登録証を入手、四半期ごとで銀行への供託金が必要)
  2. 出荷国での船積み前検査
  3. 輸入者がSIRIMへ検査合格証(CoA)申請
  4. 船中検査(マレーシア港での船中検査、サンプリング)
  5. CoA発行(SIRIMが輸入者へ発行)
  6. 荷卸し後検査(船中検査で抜き取られたサンプルの検査)

上記、6行程を経て輸入が許可となります。

日本での船積み前検査はSIRIMの指定検査会社である「Baltic Control社」が実施できます。

本件に関してご質問等ございましたら、弊社セイフティテックにて受け付けております。

関連する法令: Guidelines_MetalScrap_Malaysia