マレーシア向け検査(スクラップ)続報006

◆古紙の分類について

古紙の分類をヨーロッパ標準品質分類(EN643)を使用しており、分類により不純物や別分類の古紙の混入許可される%が違ってきます。

検査申請書に分類ENコードを自己申告記載いただく必要がございます。

商品名は、コード表に記された品名をご記載下さい。

金属スクラップを輸出される際は空欄でお願いいたします。

◆古紙の重量測定について

コンテナ毎に2ベールのサンプル検査を行う際に、重量測定が必要です。

測定に使用する重量計のブランド名・シリアル番号・校正日(校正書類)をご用意くださいますようお願いいたします。

校正を行っていない場合は、聞き取り調査を行います。

◆検査申請書がアップデートされました。

現在一番新しいものは20220502です。

上記をご利用いただき申請して頂くようお願いいたします。

◆検査申請の日程について

現状、検査申請から実際の検査まで5日程度かかっております。

申請書を受理してバルティックコントロール調査部で事前査定を行っており、商品分類など写真での査定に時間を有しております。

検査の申請は8営業日前程度でなければご希望の検査日に検査員を派遣できない状況です。

申請は早めにお願いいたします。