リサイクル用の紙について

弊社では、外国に輸出される再生紙原料の検査を行っています。
日本の再生紙原料は各国と比較すると品質はかなり高いと感じます。
分別収集においても、多くの人が高い意識をもって綺麗に分別されています。
現場で発見したちょっと残念な問題点について記事にしたいと思います。

古新聞 → コピー用紙や新聞
古雑誌 → お菓子の箱など
古段ボール → 段ボール
雑紙(チラシなど)→ 段ボール
飲料パック → トイレットペーパーなど

リサイクルできるものは、限りなくリサイクルするのが正しいと思います。
しかしながら、上記を分別するだけでも大変なのに、その中に再生を邪魔する紙類が混ざるとリサイクル作業がもっと大変になってしまことを知りました。
私も、すべてを理解していませんでした。

地図、野菜の入っていた段ボール、バッグを買ったときに入ってる紙なんかも邪魔をしているのです。そして束ねるために使用するガムテープやビニール紐も邪魔なのだと知りました。

また、牛乳パックなど日本ではリサイクルで普通に使用していますが、食品が入っていたものは洗っていても輸入禁止にしている国もあります。
牛乳パックやバターの箱なんかは、まとめて出す方がよさそうです。

地球環境を守るためにリサイクルは必須ですが、なんとなく集めて決められた日に出して自己満足していましたが、正しい知識なしでは邪魔をしてることもあると実感しました。
地域によっても分別方法が様々なようですが、下記のサイトもご参考にしてみてください。

公益財団法人 古紙再生促進センター
http://www.prpc.or.jp/recycle/waste_paper/